料金にもこだわろう

料金にもこだわろう

サーバー本体の機能やデザイン、水の種類とともに、料金にこだわりたい人もいるでしょう。ウォーターサーバーにかかる主な費用は、サーバー本体のレンタル料または購入料、水の購入料、電気代などです。レンタル料金無料のサーバーなら月々の支払いは発生しませんが、年ごとにサーバー管理費が必要になるケースがあります。水の料金は、「定額制」と使った分だけ支払う「従量制」があります。また、使えば使うほど1リットル当たりの価格がお得になるシステムもあります。1ヶ月の使用量に応じてメーカーごとのプランを比較しましょう。電気代は、温水や冷水を作るための電気使用が主です。およその目安は500円以下です。その他に必要になるかもしれない費用は、宅配料です。水のタンクを宅配する時に送料がかかる場合があります。サーバーのレンタル料が無料でも、サーバーの宅配や設置が無料とは限りません。もう1つ注意したいのが、入会金・解約料・退会手数料です。入会金は無料のメーカーが大多数です。しかし設置から半年や1年以内などメーカーごとに決められた期間内に退会すると、違約金のような解約料・大会手数料を請求されるケースもあります。お得なメーカーを選んだつもりが結果的に高くついてしまった…ということのないよう、事前に確認してください。